3D復元.comの社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スペースE VER4.7

<<   作成日時 : 2008/05/22 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
弊社取扱い商品の中で、約30社以上の型屋さんに販売した
CADCAMシステムシリーズの1つSPECE-E
H20年5月末にVER4.7にバーションアップします。
この商品のメーカはNTTデータエンジニアリングシステムです。



メーカー紹介をしますと、日立造船のGPS部門が日立造船情報システムとして独立し、国産初のCADCAMシステムGRADEシリーズが完成しました。
それから、PC版として現在販売している商品がSPACE-Eです。
その後、社名をNTTデータエンジニアリングシステムへ変わりましたが、
この商品の最大の魅力は、メーカーの各営業所対応がすばらしいことです。
長年型屋さんのわがままに一生懸命対応して進化してできた製品が
SPACE-Eなのです。
ですので今回のバージョンアップも劇的には変わってませんが、
痒いところに手が届くような機能の追加となっています。

今回のver4.7へのバーションアップの内容は、
   モデラー  
      ○WINDOWS VISTA に対応
      ○ASICR18に対応により外部データの取り込みのさらなる安定化
      ○メモリーを対比させる方法により大容量のデータを扱える
      ○差分表示機能 元データと設変データの違う部分を色表示する
      ○取り込みデータに微小隙間部分を自動的に延長、トリム
      他にもいろいろあります。
    CAM
      ○等高線仕上げの充実化(特殊等高線の仕様追加)
      ○加工指示書のエクセル出力
      ○ホルダーを5段から10段まで作図を増やす
      ○仕上げの干渉チェックをストックではなくモデル選択も可能にし
       荒取り計算なしで、干渉チェックができるようになりました
      ○隅取りの仕様追加
      など他にも機能追加しました。

弊社の受託部門でもこのシステムを使用して、トランスアクスルなどのエンジン関連の
鋳物の試作木型の製作をしております。
是非、CADCAMに興味をお持ちの方はジーエムまでお願いします。
Yoshimi Shogo

バナーを作成

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スペースE VER4.7  3D復元.comの社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる